岐阜大学、中部学院大学、岐阜市立女子短期大学は3校連携で進める岐阜地域の創発人材育成プログラムが文部科学省に採択されたのを受け、岐阜市の岐阜大学で共同記者会見を開いて国公私立大学の垣根を超えた教育プログラムに取り組むことを正式に明らかにした。

 岐阜大学によると、共同記者会見には岐阜大学の吉田和弘学長、杉山誠副学長、中部学院大学の江馬諭学長、岐阜市立女子短大の畑中重光学長らが出席。それぞれが新しい教育プログラムの推進に向け、抱負を語った。

 人材育成は岐阜大学が事業責任大学を務めて進める。期間は2022年度から最長6年間。中部学院大学や岐阜市立女子短大の文系学生が岐阜大学の理系の授業を受けられるようにするなど、文理融合型の横断的教育を取り入れ、地域を牽引できる人材を育てる。

 事業の推進に当たっては、新たに大学等連携推進法人を結成し、既存の教育プログラムを見直して再構築する方針。地域社会と連携したプラットフォームも創設、産業界や行政、金融機関などとの連携も図ることにしている。

參考:【岐阜大学】岐阜大学、中部学院大学、岐阜市立女子短期大学共同記者会見を実施しました

岐阜大學

紮根區域發展國際化。學習、學習和貢獻的國立大學

岐阜大學是東海國立高等教育機構的組成大學,在“人成長的地方”的文化中,將人才培養作為重中之重,在質量和數量上都提供豐富的教育,並擁有豐富的教育資源。和可靠的專業化. 具有獨立性和國際性的人力資源,除了知識和技能,廣闊的視野和全面的判斷力,以及出色的溝通能力 [...]

中部學院大學
岐阜市女子短期大學

大學學報在線編輯部

這是大學期刊的在線編輯部。
文章由對大學和教育具有高水平知識和興趣的編輯人員撰寫。